Help

トロワゼトワル(4回中山2日 11R 第64回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII)出走馬)

  • 8
  • 71

Photos: トロワゼトワル(4回中山2日 11R 第64回 京成杯オータムハンデキャップ(GIII)出走馬)

Photos: リオンリオン(4回中山5日 11R 第73回 朝日杯セントライト記念(GII)出走馬) Photos: ルックトゥワイス(2回東京12日 12R 第133回 農林水産省賞典 目黒記念(GII)出走馬)

撮影場所:中山競馬場(千葉県船橋市古作1丁目1番1号)

撮影日時:2019年(令和元年)9月8日(日)午後3時15分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX90V

その他:この馬の父は古馬になった後で2012年(平成24年)の中山のスプリンターズステークス(GI)や2013年(平成25年)の安田記念(GI)等を岩田康誠騎手騎乗で勝つなどGIを6勝し2014年1月に引退・種牡馬入りしたロードカナロア、母は2013年(平成25年)の中山の野島崎特別(1000万下(現在の2勝クラス))を勝ったセコンドピアット、父の父は2004年(平成16年)のNHKマイルカップと日本ダービーの2つのG?を優勝するも、天皇賞(秋)直前に右前浅屈腱炎を発症し同競走を回避、引退を余儀無くされ、種牡馬として2019年(令和元年)8月9日に回復の見込みの無い怪我を理由に安楽死(殺処分)されたキングカメハメハ、父の母は2001年(平成13年)の中京のマラヤンレーシングアソシエーショントロフィー(900万下)を勝ったレディブラッサム、母の父は2005年(平成17年)の第50回有馬記念(GI)でディープインパクトを封じたハーツクライ、母の母は2004年(平成16年)のイエルバブエナブリーダーズカップハンデキャップ(G?)を勝ったエービーヌードルである。主な勝鞍は豊明ステークス(3勝クラス(準OP))とこのレース(第64回京成杯オータムハンデキャップ(GIII))である。次走は未定。

Albums: Public

Favorite (8)

8 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.