Help

コパノリッキー(1回東京8日 11R 第34回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

  • 2
  • 129

Photos: コパノリッキー(1回東京8日 11R 第34回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

Photos: エイシンバッケン(1回東京8日 11R  第34回 フェブラリーステークス(GI)出走馬) (1) Photos: カフジテイク(1回東京8日 11R 第34回 フェブラリーステークス(GI)出走馬)

撮影場所:東京競馬場(東京都府中市日吉町1番1号)

撮影日時:2017年(平成29年)2月19日(日)午後3時10分頃

撮影地の天気:晴

使用カメラ:Sony Cyber-shot DSC-HX90V

その他:この馬は東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)の年の3冠馬で現在は種牡馬に登録されているオルフェーヴルと同じ栗毛で、パパは2002年のジャパンダートダービー(GI)や中山開催となった2003年(平成15年)のフェブラリーステークス(GI)をはじめGIを4勝し、2017年(平成29年)2月18日(土)に急病で安楽死の処置が取られたゴールドアリュール、ママは現役時代は22戦3勝のコパノリキータ、パパのパパは競走馬時代は米国競馬で活躍し種牡馬時代は日本で繋養され2002年(平成14年)に黄泉の国に旅立ったのを理由として種牡馬登録を抹消されたサンデーサイレンス、パパのママはニキーヤ、ママのパパは米国競馬で活躍し競走馬を引退し種牡馬に登録されてからは日本で繋養中のティンバーカントリー、ママのママはニホンピロローズである。初出走は2012年(平成24年)の有馬記念(GI)前日のメイクデビュー阪神(2歳新馬)で8着(優勝馬はヒロノエンペラー)、初勝利は2013年(平成25年)の1回京都3日の3歳未勝利戦(準優勝馬はダイナミックウオー)である。主な重賞勝鞍は2013年(平成25年)の園田の兵庫チャンピオンシップ(GII)(準優勝馬はベストヴォーリア)、2014年(平成26年)の第31回フェブラリーステークス(GI)(準優勝馬は地方GI5勝馬のホッコータルマエ)、船橋のかしわ記念(GI)、盛岡のJBCクラシック(GI)、2015年(平成27年)中京の東海ステークス(GII)と府中のフェブラリーステークス(GI)、大井のJBCクラシック(GI)、2016年(平成28年)は船橋のかしわ記念(GI)、大井の帝王賞(GI)、盛岡のマイルチャンピオンシップ南部杯(GI)である。このレース(第34回フェブラリーステークス(GI))は伸びを欠き14着に終わっており、同一GI3勝目は成らなかった。次走は船橋のかしわ記念(GI)を予定。
[http://estar.jp/.pc/_photo_view?w=24551332]
[http://im39a.estar.mbga.jp/0/832/504441832.5000.jpg]

Albums: Public

Favorite (2)

2 people have put in a favorite

Comments (0)

"No comment yet, please write the first comment.

To make comments on artworks, click Login. User registration here.